• 財団の概要
  • 設立趣意
  • 沿革
  • 業務・財務資料
  • 役員等名簿
  • 助成事業について
  • 海外留学助成
  • 外国人研究者招聘助成
  • 会議・シンポジウム助成
  • 調査研究助成
  • 助成対象者(直近)
  • 褒賞事業について
  • 糖尿病療養指導鈴木万平賞
  • 糖尿病療養指導鈴木万平賞 募集要領
  • 糖尿病療養指導鈴木万平賞 受賞者
  • 鈴木万平記念糖尿病国際賞
  • 鈴木万平記念糖尿病国際賞 募集要領
  • 鈴木万平記念糖尿病国際賞 受賞者

褒賞事業について

HOME褒賞事業について>糖尿病療養指導鈴木万平賞 受賞者

糖尿病療養指導鈴木万平賞 受賞者

平成31年度(第12回)糖尿病療養指導鈴木万平賞 審査結果

「平成31年度(第12回)糖尿病療養指導鈴木万平賞」の受賞者が決定しました。

受賞者、推薦者及び受賞理由

【個人】
受賞者 内潟安子氏
 東京女子医科大学東医療センター 病院長
推薦者 清野 裕(日本糖尿病協会 理事長)
受賞理由 若年糖尿病(ヤング糖尿病)患者の診療と研究に長年従事して日本のヤング糖尿病領域を確立し、これら患者の心身のケアを新しいジャンルの糖尿病治療として体系化して成果を上げてきた。また、全国規模では「若い糖尿病患者さんのためのグループミーティング」を継続して開催し、患者のピアカウンセリングや医療者の研修として役立つなど数多くの活動で貢献してきた。さらに、ヤング糖尿病患者への偏見を無くすために社会に働きかけ、患者の生活の質(QOL)を守る取り組みを行ってきた。1型のみならず2型のヤング糖尿病患者の治療環境の重要性を説いた功績は高く評価される。これらのヤング糖尿病患者に対する支援活動は一貫性があり、内潟氏なくしてヤング糖尿病領域は確立できなかったと考えられ、これらの業績は本賞に値する。
【個人】
受賞者 小沼富男氏
 順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター 特任教授
推薦者 綿田 裕孝(日本糖尿病学会 理事)
受賞理由 青森県において患者会を設立して糖尿病療養指導活動を広め、東北小児糖尿病サマーキャンプ等の活動を通して東北地方で多くの人材を育成した。また、順天堂大学附属病院において教育入院システムを構築し、糖尿病療養指導チームを組織化・活性化することなどにより糖尿病療養指導体制を強化した。さらに日本糖尿病療養指導士認定機構設立時から12年間に亘りCDEJの認定・育成の推進に努めた。東京東部3区では「区東部糖尿病医療連携検討委員会」を設立し当該地区における医療連携及び糖尿病療養指導活動に大いに貢献した。これまでの活動には一貫性があり、その認知度、波及効果も大きく、これらの業績は本賞に値する。

平成30年度(第11回)糖尿病療養指導鈴木万平賞表彰式

平成30年10月16日(火)に東京都千代田区の霞山会館において、平成30年度(第11回)糖尿病療養指導鈴木万平賞の表彰式を開催しました。

【平成30年度(第11回)受賞者】
【個 人】 島健二氏
 社会医療法人川島会 川島病院 名誉院長
 徳島大学 名誉教授
道口佐多子氏
 医療法人健清会 那珂記念クリニック 副院長
 茨城県糖尿病療養指導士会 会長

「平成29年度(第10回)糖尿病療養指導鈴木万平賞」表彰式
「平成30年度(第11回)糖尿病療養指導鈴木万平賞」表彰式