• 財団の概要
  • 設立趣意
  • 沿革
  • 業務・財務資料
  • 役員等名簿
  • 助成事業について
  • 海外留学助成
  • 外国人研究者招聘助成
  • 会議・シンポジウム助成
  • 調査研究助成
  • 助成対象者(直近)
  • 褒賞事業について
  • 糖尿病療養指導鈴木万平賞
  • 糖尿病療養指導鈴木万平賞 募集要領
  • 糖尿病療養指導鈴木万平賞 受賞者
  • 鈴木万平記念糖尿病国際賞
  • 鈴木万平記念糖尿病国際賞 募集要領
  • 鈴木万平記念糖尿病国際賞 受賞者

助成事業について

HOME助成事業について>海外留学助成 募集要領

海外留学助成 募集要領

平成29年度 海外留学助成(フェローシップ)

趣 旨

糖尿病学及び関連分野の基礎的研究並びに臨床への応用研究に意欲的に取り組んでいる優秀な若手研究者に対して、海外留学奨学金を支給します。

助成者数

6名以内とします。

募集対象

次の要件を満たす者とします。

 (1) 博士の学位を有するか又はこれに準ずる研究能力を有すること。
 (2) 応募締切日(平成28年9月30日)の時点で年齢が37歳以下であること。
 (3) 当財団の平成29年度中に留学を開始できること。
(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)
 (4) 留学先においてある程度のディスカッションが可能な語学力を有すること。
 (5) 糖尿病研究に関する業績を有すること。
 (6) 留学先において糖尿病に関する研究に専念すること。

※ 但し、他財団等からの海外留学奨学金の支給が決定した場合は、当財団にご連絡願います。

助成期間及び金額

1留学あたり最長2年以内として、年間400万円を支給します。
 (6ヶ月単位で支給します。)

応募方法

当財団所定の用紙に必要事項を記入し、郵送等にて当財団宛ご提出願います。

 (1) 申請書(様式 留-1)
 (2) 申請者調書(様式 留-2)
 (3) 現在の研究指導者の推薦書(様式 留-3)
 (4) 受け入れ機関の研究指導者の受け入れ承諾書(Ⅰ)(様式 留-4)
 (5) 学会誌等に掲載された主要な論文3篇以内

募集期間

平成28年8月1日~平成28年9月30日

選考及び決定通知

書類選考及び面接選考により行います。

 (1) 書類選考: ご提出いただいた資料に基づき選考委員会で選考の上、結果を平成28年10月下旬~11月上旬頃迄に通知します。
 (2) 面接選考: 書類選考の合格者について、平成28年11月下旬頃に選考委員長、及び語学力担当委員が面接を行います。
 (3) 決  定: 面接選考の合格者で、本人が研究に従事することを希望する機関の長、及び研究指導者の正式の*承諾書(Ⅱ)を得た研究者について、理事会で決定します。
 (4) 決定通知: 平成28年12月末日迄に通知しますので、所定の*誓約書を平成29年2月末日迄にご提出願います。
(*印の書類は書類選考合格者に交付します。)

海外留学奨学金の交付時期

原則として、留学のため本邦を離れる予定日の1ヶ月前に200万円、本邦を離れて6ヶ月経過後に200万円として年2回に分けて交付します。

鈴木万平糖尿病財団フェローシップの義務

 (1) 研究指導者の下で研究に専念すること。
 (2) 受給予定期間に留学を終了又は中止した場合には、当財団に届け出ること。(以降の海外留学奨学金は交付を停止します。)
 (3) 留学の中間時点で当財団の指定する日までに中間報告を、また留学終了時に研究成果を論文形式(約8,000字、参考文献を含む、図表は別)で当財団宛ご提出願います。

成果の公表

 (1) 成果について公表する場合には、「公益財団法人 鈴木万平糖尿病財団(英文の場合にはManpei Suzuki Diabetes Foundation)の助成による」旨をご明記願います。
 (2) 当財団に公表文献の別刷を一部ご提出願います。

個人情報保護に関する事項

 (1) 当財団が本助成に関して取得する個人情報は、「個人情報の保護に関する法律」に基づき厳重に管理し、選考作業や助成の可否など本助成に関する業務に必要な範囲に限定して取り扱います。
 (2) 本助成が決定した場合、当財団は助成者に関する情報を当財団ホームページ上に一般公開します。
 (3) 応募書類は合否に関わらず一切返却しません。

応募書類の送付先及び連絡先

公益財団法人 鈴木万平糖尿病財団(Manpei Suzuki Diabetes Foundation)
〒103-8234 東京都中央区日本橋3-14-10
【Tel】03-3243-9041 【Fax】03-3243-9531  【E-mail】


   下記よりダウンロードをお願いいたします。